【講演のお知らせ】観光庁主催のシンポジウムにて弊社代表・山下保博がパネルディスカッションに参加します

2021年12月8日、観光庁主催の 「観光を活用した持続可能な地域経営の普及・促進に関するシンポジウム」 に、弊社代表の山下保博がパネルディスカッションに参加いたします。

今回は、ベルサール御成門タワーにて、「観光を活用した持続可能な地域経営」をどのように図っていくべきか等、奄美での伝泊まちづくりの取り組みを紹介し、他パネリスト・参加者と共に、新しいアイデアについて議論を行う内容になっております。

 

シンポジウムの詳細

■シンポジウム名:観光を活用した持続可能な地域経営の普及・促進に関するシンポジウム

■開催日時:令和3年12月8日(水)13:30~16:30

■開催方式:現地参加とZoomによるオンラインによるハイブリット開催

■会場:ベルサール御成門タワー

■参加費:無料 ※どなたでもご参加していただけます。

■定員:現地参加:180名、オンライン参加:1000名

※定員に達し次第、締め切らせていただきます。なお、オンライン参加予約は12/6までとなります。

 

■プログラム概要:
・開会挨拶:宿利 正史 一般財団法人運輸総合研究所会長

・基調講演1:和田 浩一 観光庁長官「持続可能な観光の実現に向けて」

・基調講演2:鈴木 宏子 国連世界観光機構(UNWTO)駐日事務所副代表「いかに持続可能な形で観光を推進するか?~コロナ後を見据えた地域での実践~」

・基調講演3:小泉  誠 一般財団法人運輸総合研究所主任研究員「観光を活用した持続可能な地域経営の手引き(案)」について ~50年、100年後も住み続けたくなる地域であるために~

~休憩~

<パネルディスカッション>

・テーマ:「観光を活用した持続可能な地域経営について」

・コーディネーター:山内 弘隆 一般財団法人運輸総合研究所所長

・パネリスト :

一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー 会長 下地 芳郎 氏

北海道ニセコ町 商工観光課 参事 高橋 葉子 氏

GSTC(世界持続可能観光協議会)公認トレーナー 高山 傑 氏

株式会社 伝泊+工芸 代表取締役社長 山下 保博 氏

シンポジウムの詳細 / オンラインのお申し込みはこちら

PAGE TOP