【プレスリリース】奄美大島にて、日本・台湾の国立大学と地元企業の産学連携によるインバウンド客誘致活動が開始

~台湾・中国からのインバウンド客むけ環境整備で離島の地域活性化をめざす~

2019年8月20日配信  九州大学と国立台湾師範大学の共同研究に、鹿児島県奄美市で古民家再生による宿泊施設運営やまちづくりに取り組む地元企業、奄美イノベーション株式会社がパートナーとして協力し、ユネスコ世界自然遺産候補として注目が集まる奄美大島の観光インフラ整備に取り組みます。

奄美イノベーション株式会社(本社:鹿児島県奄美市、代表取締役: 建築家・山下保博)は、九州大学 経済学研究院(福岡県福岡市、ビジネススクール 星野裕志教授)と国立台湾師範大学 運動休閒與餐旅管理研究所(台北市、王國欽教授)が2017年より実施している「日台間の観光交流の促進に関する共同研究」のパートナーとして、本年8月より奄美大島への台湾・中国からのインバウンド客の誘致に向けた活動を行います。

今回のプロジェクトは、国立台湾師範大学の選考した学生やジャーナリスト4名が、8月21日より9月末まで奄美大島に滞在し、台湾・中国からの観光客への観光資源の掘り起こし、来訪者向けのサイン類の翻訳などの受け入れ体制整備の基盤作り、WEBによる情報発信を行うと共に、地元の自治体、観光協会、観光産業の関係者や地域住民と意見交換会を行うことで、アイデアを広く共有することを予定しています。

外国人によるインバウンド客増加に向けたプロジェクトを海外の大学と日本の大学が共同で行う日本でも初めてのケースであり、産学連携による離島の活性化に貢献することが期待できます。また、今回の奄美大島での活動が、今後九州の離島だけでなく広く全国の観光地において、インバウンド客誘致に活用されるモデルとして活用されることが可能です。

奄美イノベーション株式会社は2016年の設立以来、奄美大島を中心に奄美群島の伝統的/伝説的な建築と集落と文化を次の時代に伝える宿泊施設「伝泊(でんぱく)」と、観光客と地域の高齢者・住民が交流できる地域包括ケア的複合施設「まーぐん広場」などの整備・運営を行ってきました。

また、代表の山下が主宰する建築設計事務所アトリエ・天工人(本社:東京都渋谷区)は長崎県平戸市の平戸城懐柔櫓を「城泊(キャッスルステイ)」施設として改修するJVに設計担当として関わっており、奄美イノベーションとともに、奄美大島だけではなく、九州北部から台湾に至る「花綵(かさい)列島*」状の地域全体の活性化に取り組んでいます。今回の九州大学と国立台湾師範大学の共同研究への協力により、これらの地域のインバウンド受け入れ体制の充実に貢献する所存です。

*花綵(はなづな)のような形に配列している列島。弧状列島ともいう。

プレスリリース

PAGE TOP